企業ウェブサイトとブログの違い

2002年頃からブームとなったブログによって、誰でも簡単にウェブサイトを持つことができ、簡単に情報発信をすることができるようになった。今では、企業もブログをやる必要があるといわれているくらいだ。しかし、企業のメインページがブログであってはならない。それはブログがあまりにも時間軸にしばられているからだ。企業のウェブサイトである以上、訪問者にきちんと情報を順序立てて、もしくは的確に情報を提供する必要がある。企業がブログをやるのは、ニュースリリースや企業の最新情報を更新していくのには最適であるからで、そのほかのページまでブログっぽくある必要はない。

さて、ブログと違って、企業ウェブサイトとはどのようなものか。思いつくものをあげてみる。

  • 企業ウェブサイトは時系列にしばられない。更新時間や投稿時間を積極的に表示する必要はない。
  • ナビゲーションがしっかりしている。きちんとメニューが分かれている。
  • お問い合わせ、サイトマップ、会社概要、利用規約、プライバシーポリシーなど最低限の情報が明示してある。
  • トップページが存在する。

上記のような点を踏まえれば、ブログではなく企業ウェブサイトとして機能するはずである。WordPressはブログシステムの一つであるが、紛れもなくCMS(コンテンツマネージメントシステム)である。そのため、WordPressを利用し、単なるブログサイトではなく、企業ウェブサイトとしてカスタマイズすることで、CMSとして管理・保守が容易に行えるようになる。問題はどのようにWordPressをカスタマイズしていくか、ということである。

WordPressのテーマは数多く公開されているが、企業ウェブサイトに適したテーマはあまりない。WordPressを利用して、ブログではなく企業ウェブサイトを構築するには、それらしいテーマを用意し、プラグインでWordPressを拡張する必要がある。このWordPressで企業ウェブサイト作成・商用ホームページ制作 WordPress Go Goではこのカスタマイズをどのように行えばいいかを試行錯誤しながら検討作成していく。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

«
»