WordPressのニュース

WordPressの最新ニュースを今すぐチェック!WordPressのリリース情報や機能の紹介。WordPress MUの情報もお届けする。

WordPress 2.7.1リリース

WordPress 2.7.1がリリースされた。WordPress 2.7.1では68個の修正が加えられたようだが、マイナーな修正ばかりで大幅な変更は見られないようだ。2.7から2.7.1へのアップグレードは管理メニューのツールにあるアップグレードから行う。この記事執筆時では、日本語版の2.7.1がリリースされていないので、日本語ユーザーはもうしばらく待ち、ということだろう。

WordPress 2.7.1の英語版のダウンロードはこちらから

WordPress 2.7.1 Beta 1リリース

WordPress 2.7.1 Beta 1がリリースされた。これまでに66個の修正が行われたようだ。他にも50個ほど修正チケットがあるようだが、ほとんどは2.7.2または2.8に含まれる予定ということだ。

WordPress 2.7.1 Beta 1への自動アップグレードを行うには、wp-includes/version.phpの2.7という記述を2.7.1-betaに変更するといいようだ。管理メニューのツールにあるアップグレードから自動アップグレードを行うことができる。マニュアルでインストールする場合は、WordPress 2.7.1 Beta 1のダウンロードをするとよいだろう。

WordPress公式プラグインディレクトリ – プラグイン数4,000を突破

WordPressの公式サイトにあるプラグインディレクトリでの登録プラグインの数が4,000を突破したという。WordPressを使用していると何かしらプラグインをインストールしていると思うが、一サイトあたりの平均プラグインの数は5つ程度ということだ。

プラグイン数が4,000を突破したことを記念して、1月28日は“Thank a Plugin Developer” day(プラグイン開発者に感謝する日)となったようだ。そのため、日頃使用しているプラグインのサイトを訪れ、コメントするか、Paypalによる寄付を呼び掛けている。

当サイトでもいくつかプラグインを公開しているが、Paypalで寄付を受けるのはまれなので、こういう機会によろしくお願いします:)

WordPress MU 2.7リリース

WordPressのマルチユーザー版であるWordPress MUの最新バージョン、WordPress MU 2.7がリリースされた。WordPress MUのダウンロードはこちらから。WordPress MUの日本語リソースはこちらから(記事掲載時未リリース、2.6.2用のものだと翻訳されない部分が多い)。

基本的には、昨年12月にリリースされたWordPress 2.7と同等の機能を持ち合わせており、さらにマルチユーザー、マルチブログ用の拡張が施されている。WordPress MUの最も有名な例としては、WordPress.comであろう。

今回のWordPress MU 2.7には以下のようなWordPress Admin Barが最初から同梱されており、ログインしているユーザーに対してフロント側でのナビゲーション表示に対応している。

Admin bar

本格的に使っているわけではないので何とも言えないが、複数ブログを運用する必要がある場合、たとえば社内ブログの運用なんかにも活躍するのではないだろうか。

cforms IIのGPLライセンス問題勃発!WordPress界隈で論争!事の顛末・・・

いつものようにWordPressの管理画面を開き、プラグインをチェックしていると、以下のようなメッセージがcforms IIに表示されているのが目についた。単なる自動アップグレードのお知らせかと思いきや、「特別な状況のため、cformsはwordpress.orgではもう利用できなくなった」と書かれていたからびっくりした。

cforms II 注意書き

続きを読む »

WordPress MU 2.7 Betaリリース

WordPress 2.7が先月リリースしてから一月半近く経ったが、WordPressのマルチユーザーバージョンであるWordPress MU 2.7のリリースが近づいている。WordPress MU 2.7 Betaがこちらからダウンロード可能となっている。

運用中のWordPress MUを更新するのは危険だが、新規にウェブサイトを構築予定の方は、WordPress MU 2.7 Betaを試してみるとよいだろう。ただ、WordPress MU 用日本語リソースは少し時間がかかると思われるが、WordPress 日本語版作成チームの方にはぜひ頑張ってもらいたい。

WordCamp Tokyo 2009 開催決定

昨年9月に行われたWordCamp Tokyo 2008だが、今年もWordCamp Tokyo 2009として開催されるようだ。以下概要。

WordCamp Tokyo 2009
開催日: 2009年4月12日(日)
開会: 10:30 ~ 16:00(予定)
開場: 10:00(予定)
入場料: 500円(予定)
会場: 東京都江戸川区・葛西区民館 4F 大ホール(詳細)

なんと今回はWordPressの創始者のMatt Mullenwegさん(まだ25歳!)も来るということなので、非常に楽しみだ。前回のWordCampには残念ながら参加できなかったので、今度は参加してみたいところだ。

早くもWordPress 2.8の足音が聞こえてきた・・・

WordPress 2.7正式版ついにリリース!で、WordPress 2.7のリリースをお伝えしたばかりだが、早くもWordPress 2.8に関する記事を見かけた。WordPressの開発者の一人、Ryan Borenさんによると、WordPress 2.8では、2.7でデザインを新しくできなかったところ、つまりメディアとウィジェットのUIを改善していく、ということだ。また、新機能としてテーマブラウジングやワンクリックでのテーマインストールも考えているとのこと。

WordPress 2.8の開発内容については、Version 2.8 « WordPress Codexを見るといいだろう。現在のロードマップではWordPress 2.8のリリースは2009年の2月2日になっているが、恐らく3月くらいになるのではないだろうか。WordPress 2.7が出たばかりだが、今後のWordPressの動向にも目が離せない。

WordPress 2.7正式版ついにリリース!

11月リリース予定から一か月遅れでようやくWordPress 2.7の正式版がリリースされた。WordPressにはジャズミュージシャンの名前を付ける慣習があり、今回のWordPress 2.7には、アメリカのジャズサックス奏者のJohn Coltraneの名前をとって、Coltraneと名付けられた。WordPress 2.7のダウンロードはこちらから。日本語版もすぐにリリースされると思う。

今回のWordPress 2.7のリリースの目玉は何といっても管理画面UIの大幅な変更だ。メニューが左部に移り、ダッシュボード、投稿画面のメニューを自由にカスタマイズできるようになっている。Quick Pressを使えば、簡単に投稿できるし、ちょっとした編集なら一覧画面から行える。コメント機能の強化、特定の投稿を一番上に表示させるスティッキー投稿、プラグインのオンラインインストール、WordPress本体のアップグレードなど機能が盛りだくさんだ。

英語のスクリーンキャストだが、以下の動画を見ていただければ、WordPress 2.7で何が変わったのかよく理解できるだろう。

続きを読む »

WordPress 2.7 Release Candidate 2リリース

WordPress 2.7 Release Candidate 2(RC2)がリリースされた。すでにWordPress 2.7をご利用中の方は管理メニューのツールにあるアップグレードを実行するだけで最新版のRC2を更新することができる。まだ、WordPress 2.7を使用していない方は、こちらからダウンロード(英語版)できる。日本語版はRC1が現在ダウンロードできるので、まずはWordPress 2.7 RC1の日本語版をインストールして、自動アップグレードでRC2にするといいだろう。

恐らく今回のWordPress 2.7 RC2が正式版リリース前の最終になるのではないかと思う(もしかしたらRC3が来るかもしれないが)。WordPress 2.7のUIは結構気に入っているので、正式版のリリースが本当に待ち遠しい。