WordPress 2.7.1の日本語版がリリースされた。WordPress 2.7より自動アップグレード機能が搭載されており、管理メニューのツールにあるアップグレードから、自動アップグレードを行える。今回、この自動アップグレード機能が搭載されて初めてWordPressがバージョンアップしたわけだが、日本語版がどうやって自動アップグレードされるのか、気にはなっていたが、どうやらこの自動アップグレードを2回実行するような形になっているようだ(追記参照のこと)。

つまり、管理メニューのツールにあるアップグレードを表示すると、以下のようなメッセージが表示されているので、自動アップグレードを実行をクリックする。

WordPressをアップグレード1

問題なく終了した後、再度管理メニューのツールにあるアップグレードを表示してみよう。以下のようなメッセージに変わっているはずだ。ここで再度自動アップグレードを実行する。

WordPressをアップグレード2

正常に済めば、WordPress 2.7.1 日本語版へのアップグレードは完了だ。再度管理メニューのツールにあるアップグレードを表示してみると以下のようにアップグレードの必要がないことが確認できる。

WordPressをアップグレード3

WordPress 2.7より前のバージョンではファイルをダウンロードしてからアップグレードする必要があったが、管理メニューから自動アップグレードが行えるようになったおかげで、メンテナンス効率が大幅に向上した。日本語版にも問題なく自動アップグレードできるので、大変便利だ。

追記:自動アップグレードは2段階!?なんてことを書いたが、早とちりだったかも。単に日本語版の更新情報が未取得で、英語版の更新情報が表示されていただけのようだ。日本語版のアップグレード情報を取得していれば、普通にアップグレードは一回だけで済むみたいだ。まぁ、英語版が先行してリリースされるので、先にアップグレードしておいて、日本語版が出たら再度アップグレードという形になるのであながち間違いではないけど・・・。

関連する記事

One Comment

  1. Pingback: EXDESIGN

Comments are closed.