Lighter Admin Drop Menus
Lighter Admin Drop Menus

管理画面のメニューは目的のページにたどりつくまで、何度もクリックする必要があるため、使い勝手が悪い。そこで、WordPressのプラグインであるLighter Admin Drop Menusを導入する。このプラグインを入れると、管理画面のメニューをドロップダウン形式で表示してくれるのでユーザービリティが向上する。

ダウンロードは、Lighter Admin Drop Menusから。2007年8月26日現在、バージョン2.3がダウンロードできる。ダウンロードしたzipファイルを解凍し、アップロードし、管理画面のプラグインで有効化するだけでインストール完了。

Lighter Admin Drop Menus を有効化

メニューにマウスカーソルを持っていくと、ドロップダウン表示される。しかしながら、よく見てみると、アイコンが表示されていない項目(ウィジェットやディスカッションなど)がある。配布サイトでもこのことに特に触れられていない。仕方ないので、プログラムを改良することにする。

プラグインエディタでLighter Admin Drop Menusを編集

下記の4-6行をcase __(‘Miscellaneous’):の3行の後に追加するだけ。アイコン画像は何でもいいが、bullet_wrench.pngがなんにでも合うような気がする。

case __('Miscellaneous'):
	$i = "bullet_wrench.png";
	break;
default:
	$i = "bullet_wrench.png";
	break;

Lighter Admin Drop Menusを導入することで、管理メニューのユーザービリティがかなり向上される。しかしながら、上記のアイコンの問題以外にも難点がある。プラグインが増えてくるとドロップダウンメニューがどんどん下に伸びていくのだが、ドロップダウンメニューが管理画面の項目の下にもぐりこんでしまう場合がある。これは恐らく、Javascriptで後から読み込んだ項目に対して、レイヤーが下にあるためで、こうなるとドロップダウンメニューをクリックできなくなる。そう頻繁に起こる問題でもないのでそこまで神経質にならなくてもいいが、気になるところである。次回バージョンアップで修正されるのを期待したいところではあるが。

関連する記事

One Comment

  1. Pingback: LOLOG - 使用中のwordpressプラグインまとめ2008年4月

Comments are closed.