WordPressで企業ウェブサイト作成・商用ホームページ制作 WordPress Go Go 更新情報

WordPress MU 2.7.1 リリース

WordPress MUの最新バージョンとなる2.7.1がリリースされた。WordPressの開発者の一人、Donnchaさんのブログによると、多くの機能追加とバグフィックスが行われたようだ。WordPress MUはWordPressのマルチユーザー版で、複数のブログを作成することができる。最近話題のBuddyPressもこのWordPress MUをベースにしている。WordPress MU 2.7.1のダウンロードはこちらから。日本語リソースのダウンロードはこちらから。WordPress MU 2.7.1用は出ていないが、2.7用で十分翻訳されると思う。

続きを読む »

WordCamp 関西懇親会 – Mattに会いに行こう

WordCamp 関西懇親会が、WordCamp Tokyo 2009に先行して、2009年4月10日、大阪にて行われた。昨年のWordCamp Tokyoに行けなかったので、今年こそは行こうと思っていたのだが、今回もスケジュール的に東京には行けず。でも、なんとか大阪のWordCamp 関西懇親会に行くことができた。

Matt Mullenweg

今回の目的は何と言っても、WordPressの創始者であるMattに会いに行くことである。実際に会って話をすることができたが大変気さくな感じで話しやすい人だった。WordPressにも彼の人柄が出ているのかもしれない。

Mattのプレゼンの内容は、WordPressの大まかな概況といったところだ。京都で撮ったという写真を早速プレゼンに反映しているところなど、さすがといった感じ。BuddyPressについても触れてWordPressの広がり、拡張性についても強調していた。

会場の様子

NPO法人しゃらくの小嶋新さんと、PHPでWEB作成の水野史土さんによるプレゼンもあり、なかなか有意義な懇親会だったのではないだろうか。

会場には日ごろからWordPressに触れている人はもちろん、これからWordPressを使っていこうという人まで、色々。なんにせよ、WordPressユーザーが増えていくことは喜ばしいことだ。

最後に、MattにURLにwordpressを使っていることを聞いてみると、「あー、それは変えたほうがいいね。」ということなので、近いうちにドメインを変更しようと思う。Mattに言われたら従うしかないか:)

Gmailに最適!SMTPサーバを変更するプラグイン – Cimy Swift SMTP

理由あって最近、メールサーバをGoogle AppsのGmailに移した。そこでメールを送信するのに、サーバー内部のSMTPサーバは使用せず、Gmailの外部SMTPサーバを使用する必要が出てくる。デフォルトではSMTPサーバを変更することはできないので、Cimy Swift SMTPというプラグインを使用する。

続きを読む »

連続投稿を可能にするプラグイン Continuous Post Plugin

Continuous Postというプラグインは連続投稿を可能にするだけのプラグインだ。昔のWordPressだと、投稿を保存、公開後は新しい投稿に遷移したのだが、最近のWordPressでは投稿を保存、公開しても再びその投稿編集画面が表示されるようだ。

どちらがよいかは使用環境によって異なると思うが、投稿を頻繁に行う場合(例えばデータベース的な利用で連続して投稿したい場合)では、保存、公開後も同じ投稿編集画面が出ると一々新規投稿画面を開く必要があるので面倒だ。

ということでサクっと開発してみたのがこの連続投稿を可能にするContinuous Postというプラグインである。

続きを読む »

WordPress MU 2.7 日本語リソースリリース

WordPressのマルチユーザー版であるWordPress MUの最新バージョン、WordPress MU 2.7の日本語リソースがリリースされている。ダウンロードは、WordPress MU 用日本語リソース配布サイトより行ってほしい。WordPress MU 2.7については、WordPress MU 2.7リリースも参照。WordPress MU本体のダウンロードはこちらから。

ようやく、WordPress MU 2.7を完全な日本語環境で使用できるようになった。近々、WordPress MU 2.7を利用したサイト構築を企画しているので、また報告したいところだ。

WordPress 2.7.1 日本語版リリース

WordPress 2.7.1の日本語版がリリースされた。WordPress 2.7より自動アップグレード機能が搭載されており、管理メニューのツールにあるアップグレードから、自動アップグレードを行える。今回、この自動アップグレード機能が搭載されて初めてWordPressがバージョンアップしたわけだが、日本語版がどうやって自動アップグレードされるのか、気にはなっていたが、どうやらこの自動アップグレードを2回実行するような形になっているようだ(追記参照のこと)。

続きを読む »

WordPress 2.7.1リリース

WordPress 2.7.1がリリースされた。WordPress 2.7.1では68個の修正が加えられたようだが、マイナーな修正ばかりで大幅な変更は見られないようだ。2.7から2.7.1へのアップグレードは管理メニューのツールにあるアップグレードから行う。この記事執筆時では、日本語版の2.7.1がリリースされていないので、日本語ユーザーはもうしばらく待ち、ということだろう。

WordPress 2.7.1の英語版のダウンロードはこちらから

WordPress 2.7.1 Beta 1リリース

WordPress 2.7.1 Beta 1がリリースされた。これまでに66個の修正が行われたようだ。他にも50個ほど修正チケットがあるようだが、ほとんどは2.7.2または2.8に含まれる予定ということだ。

WordPress 2.7.1 Beta 1への自動アップグレードを行うには、wp-includes/version.phpの2.7という記述を2.7.1-betaに変更するといいようだ。管理メニューのツールにあるアップグレードから自動アップグレードを行うことができる。マニュアルでインストールする場合は、WordPress 2.7.1 Beta 1のダウンロードをするとよいだろう。

WordPress公式プラグインディレクトリ – プラグイン数4,000を突破

WordPressの公式サイトにあるプラグインディレクトリでの登録プラグインの数が4,000を突破したという。WordPressを使用していると何かしらプラグインをインストールしていると思うが、一サイトあたりの平均プラグインの数は5つ程度ということだ。

プラグイン数が4,000を突破したことを記念して、1月28日は“Thank a Plugin Developer” day(プラグイン開発者に感謝する日)となったようだ。そのため、日頃使用しているプラグインのサイトを訪れ、コメントするか、Paypalによる寄付を呼び掛けている。

当サイトでもいくつかプラグインを公開しているが、Paypalで寄付を受けるのはまれなので、こういう機会によろしくお願いします:)

WordPress MU 2.7リリース

WordPressのマルチユーザー版であるWordPress MUの最新バージョン、WordPress MU 2.7がリリースされた。WordPress MUのダウンロードはこちらから。WordPress MUの日本語リソースはこちらから(記事掲載時未リリース、2.6.2用のものだと翻訳されない部分が多い)。

基本的には、昨年12月にリリースされたWordPress 2.7と同等の機能を持ち合わせており、さらにマルチユーザー、マルチブログ用の拡張が施されている。WordPress MUの最も有名な例としては、WordPress.comであろう。

今回のWordPress MU 2.7には以下のようなWordPress Admin Barが最初から同梱されており、ログインしているユーザーに対してフロント側でのナビゲーション表示に対応している。

Admin bar

本格的に使っているわけではないので何とも言えないが、複数ブログを運用する必要がある場合、たとえば社内ブログの運用なんかにも活躍するのではないだろうか。