Maintenance Mode プラグイン
Maintenance Mode Plugin — Software Guide

デザインを変更したり、オープン前でまだ公開したくない場合など、一般ユーザーのアクセスを遮断し、お知らせ画面を表示させるプラグイン。ログインしている管理ユーザーは問題なく表示できるのでかなり便利。さらに、Role Managerプラグインをあわせて使えば、どのレベルのユーザーまでメンテナンス画面を表示するかも選べるようになるようだ。企業ウェブサイト、商用ホームページの場合、公開日はきちんと設定したいところなので、メンテナンス中と表示できるこのMaintenance Mode(メンテナンスモード)プラグインはぜひ入れておきたい。

このプラグインの最新バージョンは2007年8月28日に出た3.2だ。日本語化もされているが、2.2のままなので、特に英語でも問題ないのであれば、バグ修正が行われている最新バージョンを入れたい。ダウンロードはSoftware Guideから行える。インストールはダウンロードしたファイルを解凍し、pluginsフォルダにアップロードし、有効化するだけ。管理メニューの設定欄にMaintenance Modeが追加されているはずだ。

Maintenance Mode設定画面

設定画面を表示すると、一番上に「Activate/Deactivate Maintenance Mode」とあり、Activateを選んで、Update Optionsをクリックすればメンテナンスモードになる。このままだと英語表記なので、メンテナンス画面に表示される文章を変更しよう。Backtime in minutesはメンテナンス終了までの時間で、いつ終了するかわからない場合は設定しなくてもいい。TitleとMessageを変更してUpdate Optionsをクリックすれば完了である。

メンテナンス中

メンテナンスが終了したら、忘れずにDeactivatedに設定しておこう。いつまでたってもメンテナンスが終わらないページになってしまうとかなりの機会損失だ。

関連する記事

6 Comments

  1. Pingback: Death in the Afternoon

  2. Pingback: 管理人の部屋-WPでサイト制作-

  3. Pingback: ハッスルからCoreserverへの移転(備忘) | 普通のサラリーマンのiPhone日記

  4. Pingback: ニトロ有線式 - 2010年02月25日

  5. Pingback: HP修正時に「メンテナンス中」を表示/wordpressプラグイン「WP Maintenance Mode」 | ワードプレスプラグインがアツイ

  6. Pingback: HP修正時に「メンテナンス中」を表示/wordpressプラグイン「WP Maintenance Mode」 | ワードプレスプラグインがアツイ

Comments are closed.