Custom Post Template

今回ご紹介するのは投稿ごとにデザインテンプレートを変更することができるプラグインのCustom Post Templateだ。このプラグインを使用すると、投稿編集時に使用したいテンプレートを変更できるようになる。WordPressのデフォルトの機能として、カテゴリーごとやページごとにデザインを変更することはできる。まずはこのカテゴリーとページごとのデザイン変更方法を見てみよう。

カテゴリー毎のデザイン変更

カテゴリーごとにデザインを変更したい場合は、WordPressのテーマでcategory-カテゴリーID.phpというファイルを作ればいい。例えば、カテゴリーIDが6だったら、category-6.phpという具合だ。詳しくはCodexを見てほしい。その他の方法としては、プラグインを使う方法がある。GYS Themed Categoriesのようなプラグインを使うと管理メニューからデザインを変更できるようになる。

ページ毎のデザイン変更

ページごとにデザインを変更する場合は、新しいテーマファイルを作成し、以下のような文をそのファイルのトップに書き加えるといい。Snarferという部分は好きな言葉に変えるといいだろう。テーマファイルを作成すると自動的にページ編集時にテンプレートを選択できるようになる。

<?php
/*
Template Name: Snarfer
*/
?>

投稿毎のデザイン変更

投稿ごとにデザインを変更するにはWordPressのデフォルトの機能ではできないので、プラグインのCustom Post Templateを使用しよう。プラグインのダウンロードはWordPress.orgのプラグインディレクトリから行う。プラグインのインストールは簡単で、プラグインファイルをディレクトリごとwp-content/pluginsにアップロードし、管理画面から有効化するだけだ。

ページ毎のデザイン変更と同様、投稿のデザインを変更できるように、新しいテーマファイルを作成し(ファイル名は何でもいい、single.phpをベースにすればいいだろう)、そのファイルのトップに以下のような文を加える。ページと異なるのはPostsが加えられている点だ。間違えないようにしたい。

<?php
/*
Template Name Posts: Snarfer
*/
?>

きちんとテンプレートが作成されると、投稿の編集時に以下のように投稿のデザインテンプレートを変更できるセレクトメニューが追加されているはずだ。

投稿デザインを変更する

困った時のプラグイン頼み。製作者の方に感謝したい。

追記:Custom Post Templateは、WordPress 2.9以降では正常に動作しないようだ。代替プラグインとして、ページではなく投稿でオリジナルのテンプレートを指定するプラグイン – Single Post Templateを見てほしい。

追記:バージョン1.1がリリースされ、Custom Post Templateも問題なく使えるようになったようだ。

関連する記事

11 Comments

  1. Pingback: wikeb » 投稿ごとにデザインテンプレートを変更するプラグイン - Custom Post Template

  2. Pingback: wikeb » 投稿ごとにデザインテンプレートを変更するプラグイン - Custom Post Template

  3. Pingback: 情報商材とアフィリエイトで稼ぐブログ

  4. Pingback: niko » wordpress:気になるプラグイン

  5. Pingback: WordPress投稿ごとにデザインテンプレートを変更するプラグイン | SHN JAPAN

  6. Pingback: WordPressでページによってテンプレートを変更する場合 - サツぽろ、ニッキ。

  7. Pingback: ビーチサンダル Beach Sandal - 投稿ごとにテンプレートデザインを変更するプラグイン Custom Post Template

  8. Pingback: WordPressプラグインメモ | Satake Studio Developer's Blog

  9. Pingback: [WP] インクルード、挿入関連(メモ)

  10. Pingback: MEC-Web Design Info » 投稿に便利なプラグイン

  11. Pingback: 2014 WordPress プラグイン 50選

Comments are closed.