WordPressで企業ウェブサイト作成・商用ホームページ制作 WordPress Go Go 更新情報

WordPressをインストールする

WordPressをインストールする。まずは最新版のWordPressを入手する。

  • WordPress Japan
    WordPress MEをダウンロードできる。8月17日現在、ME 2.2.1が最新版。
  • ja:resource « WordPress Codex
    オフィシャルサイトにてWordPressの最新版がいち早く日本語化される。2.2.2が最新版。

ここでは、WordPressオフィシャルサイトの日本語リソース入り WordPressをダウンロードする。ダウンロードしたファイルを解凍・展開する。企業ウェブサイトとしてWordPressを利用するので、展開されたファイルをすべてトップディレクトリにアップロードする。ファイル数が多いのでtelnetやsshのようにリモートコンソールでアクセスできる場合は、圧縮ファイルだけをアップロードして解凍した方が早い。

unzip wordpress-2.2.2-ja.zip

すべてのアップロードがすんだら、アップロード先にブラウザでアクセスする。すると、下記のように「設定ファイル wp-config.php が見つかりません。」といった表示がされる。「設定ファイル wp-config.php はブラウザから生成することができます」をクリックして次の画面へ進む。

インストール1 - 設定ファイル wp-config.php が見つかりません

データベース情報(データベース名、ユーザー名、パスワード、ホスト名)が必要といわれるので、一通り読んで、「次に進みましょう!」をクリック。

インストール2 - データベース情報を知っている必要があります。

データベース情報を入力して、「作成する」をクリックする。

インストール3 - データベース情報の入力

何も問題がなければ、「インストールの一部が完了しました」と表示される。続いて、「インストールを実行しましょう!」をクリック。

インストール4 - インストールの一部が完了しました

迷わず、「最初のステップ」をクリック。

インストール5 - WordPressのインストールへようこそ

「ブログタイトル」と「メールアドレス」を入力して、「2番目のステップへ」をクリック。「このブログを Google や Technorat などの検索エンジンに表示されるようにする。」はチェックを入れたままで問題ない。

インストール6 - 最初のステップ

これでインストールは終了。表示されるパスワードを忘れずにメモ。パスワードは先ほど入力したメールアドレスにも送られる。インストールはあっという間で、「もっと何か作業をしたかったですか ? がっかりさせてゴメンナサイ。これだけです ! :)」とあるくらい簡単なものだっただろう。

インストール7 - 2 番目のステップ

ログインをクリックして、ログイン名adminと先ほどのパスワードで問題なくログインできるか確認する。ここでの画面表示はWordPress MEのものとは若干異なるかもしれないが、基本的な流れは全く一緒である。

ログイン画面

WordPressをインストールする下準備 – サーバ準備

さて、ドメイン取得もかなり悩むと思うが、問題はサーバをどうするか、である。なかなか自社サーバを持つというのは難しいもので、セキュリティにも配慮しなければならず、現実的ではないかもしれない。となると、レンタルサーバを借りるなどのホスティングサービスを利用することになる。問題はそれをどこにするか、である。

一番自由度が高いのが、専用サーバであるが、月額数万円は覚悟しなければならない。その次にVPS(バーチャル・プライベート・サーバ Virtual private server)があり、1台のサーバに複数の仮想サーバを構築したもので月額一万円前後である。そして最もお手軽なのが共用サーバで数百円から数千円とサービスに応じて幅がある。アクセス数が相当数期待されるサイトであればVPS以上を検討すればよいが、一般的な企業ウェブサイト・商用ホームページであれば共用サーバでも十分である。問題は共用サーバをどこにするかだろう。

ホスティング比較サイトは多くあるので検索してみるのがよいと思うが、なかなか使ってみるまで実際のところはわからないものである。そこで、参考までに使ってみたいホスティングサービスを紹介する。

海外サーバでもよいなら、DreamHostがお勧めである。とにかく何でもできる。ドメインもデータベースも使い放題。容量も使い切るのが難しいくらいある。海外サーバで共用サーバなので多少もっさり感は否めないが、十分なコストパフォーマンスがあると思う。WordPressのオフィシャルサイトのHosting欄にもDreamHostは紹介されている。いろいろなところで公開されているpromo codeを入力すれば年間契約$119.40かかるところが、$22.4ですむ。「WORDPRESSGOGO」と入力していただければ97ドルの初期費用割引を受けられるので利用してほしい。詳しい契約方法は下記を参照してほしい。

サーバが準備できたらいよいよ次はWordPressのインストールである。

WordPressをインストールする下準備 – ドメイン取得

WordPressをインストールするには、PHPとMYSQLが動くサーバを用意しなければいけない。レンタルサーバのようなホスティングサービスを利用するもよし、自宅サーバで頑張るもよし。だが、企業ウェブサイト、商用ホームページとして運用するので、独自ドメインを取得することをお勧めする。独自ドメインというと、コストがかかってしまうと思いがちだが、最近はかなり安い。.com .net .orgのような基本的なドメインなら年間1000円程度で取得できる。独自ドメインで運用しない理由はないと言っていいだろう。

ホスティングサービスでもドメインの取得代行をやってくれるところは多いが、サーバの移転をする必要が出てくるとドメインの移管を行わなければならない。別に問題なく移管できる場合が多いが、できれば煩わしいことはしたくないので、ドメインの管理とサーバの管理は別にしたい。つまるところ、ネームサーバを指定する、もしくはDNSを自分で管理するということである。

さて、ドメインをどこで取るべきか。お勧めどころをあげてみる。

  • VALUE-DOMAIN.COM(バリュードメイン)
    とにかく安くて、使いやすい。DNS情報の変更も行える。.com .net .org .info .bizは年間790円で取得できる。属性型JPドメインを扱っていないのが残念。
  • 21-domain.com
    属性型JPドメインを低価格で取得できる。新規登録5,900円。
  • ドメイン取るならお名前.com
    有名どころ。値段的にはちょっと高めか。使ったことないので詳しくはわからない。
  • ムームードメイン
    安くてよさそう。属性型JPドメインは扱っていない。

他にもあると思うが、ドメインは簡単に取得できるので、いいドメインを思いついたら迷わずとるようにしたい。

フリーのアイコン配布ウェブサイト

Iconfinder - The best search engine for icons
Iconfinder – The best search engine for icons

iconlet.com - icon search engine - free icons, images for your project
iconlet.com – icon search engine – free icons, images for your project

famfamfam.com
famfamfam.com

Tango Icon Library - Tango Desktop Project
Tango Icon Library – Tango Desktop Project

twotone icons for free!
twotone icons for free!

The Drunkey Love iconset
The Drunkey Love iconset

strawbee  » Blog Archive   » Tiny Little Icons
strawbee » Blog Archive » Tiny Little Icons

Some Random Dude's Projects »  SOME RANDOM DUDE
Some Random Dude’s Projects » SOME RANDOM DUDE

Sweetie | Cute and clear icons
Sweetie | Cute and clear icons

Feed Icons - Home of the standard web feed icon
Feed Icons – Home of the standard web feed icon

Bullet Madness - free bullets project at Stylegala
Bullet Madness – free bullets project at Stylegala

HoHoHo! : Design : Brand Spanking New
HoHoHo! : Design : Brand Spanking New” title=”HoHoHo! : Design : Brand Spanking New

The Codehaus
The Codehaus

Websiteicons
Websiteicons

graphicPUSH: Free Blog Icons and Icon Packs for Web Design
graphicPUSH: Free Blog Icons and Icon Packs for Web Design

pinvoke - Icons and pixel fonts
pinvoke – Icons and pixel fonts

FreeVectors.net :: Free Vector Graphics Gallery
FreeVectors.net :: Free Vector Graphics Gallery

WordPressのテーマに関するウェブサイト

Theme Viewer
Theme Viewer

Wordpress Theme Generator
WordPress Theme Generator

CSSEZ.com | WYSIWYG型の共有機能付き高機能オンラインCSSデザインツール
CSSEZ.com | WYSIWYG型の共有機能付き高機能オンラインCSSデザインツール

Vicuna - WordPress テーマ
Vicuna – WordPress テーマ

WordPress Simple CMS 2.0 Project
WordPress Simple CMS 2.0 Project

企業ウェブサイトとブログの違い

2002年頃からブームとなったブログによって、誰でも簡単にウェブサイトを持つことができ、簡単に情報発信をすることができるようになった。今では、企業もブログをやる必要があるといわれているくらいだ。しかし、企業のメインページがブログであってはならない。それはブログがあまりにも時間軸にしばられているからだ。企業のウェブサイトである以上、訪問者にきちんと情報を順序立てて、もしくは的確に情報を提供する必要がある。企業がブログをやるのは、ニュースリリースや企業の最新情報を更新していくのには最適であるからで、そのほかのページまでブログっぽくある必要はない。

さて、ブログと違って、企業ウェブサイトとはどのようなものか。思いつくものをあげてみる。

  • 企業ウェブサイトは時系列にしばられない。更新時間や投稿時間を積極的に表示する必要はない。
  • ナビゲーションがしっかりしている。きちんとメニューが分かれている。
  • お問い合わせ、サイトマップ、会社概要、利用規約、プライバシーポリシーなど最低限の情報が明示してある。
  • トップページが存在する。

上記のような点を踏まえれば、ブログではなく企業ウェブサイトとして機能するはずである。WordPressはブログシステムの一つであるが、紛れもなくCMS(コンテンツマネージメントシステム)である。そのため、WordPressを利用し、単なるブログサイトではなく、企業ウェブサイトとしてカスタマイズすることで、CMSとして管理・保守が容易に行えるようになる。問題はどのようにWordPressをカスタマイズしていくか、ということである。

WordPressのテーマは数多く公開されているが、企業ウェブサイトに適したテーマはあまりない。WordPressを利用して、ブログではなく企業ウェブサイトを構築するには、それらしいテーマを用意し、プラグインでWordPressを拡張する必要がある。このWordPressで企業ウェブサイト作成・商用ホームページ制作 WordPress Go Goではこのカスタマイズをどのように行えばいいかを試行錯誤しながら検討作成していく。

WordPressのデザインを考える上で参考にする本

Web標準XHTML+CSSデザイン  クリエイターが身につけておくべき新・100の法則。Web標準XHTML+CSSデザイン クリエイターが身につけておくべき新・100の法則。

加藤 善規, 平澤 隆, 両見 英世 インプレスジャパン (2007-07-03)
ランキング:800位
ASIN:4844324241
JAN:9784844324249
価格:¥ 2,310
通常24時間以内に発送

Amazonで詳細を見る

Webユーザビリティ・デザイン  Web制作者が身につけておくべき新・100の法則。Webユーザビリティ・デザイン Web制作者が身につけておくべき新・100の法則。

石田 優子, 有限会社 アルファサラボ インプレスジャパン (2007-07-03)
ランキング:5634位
ASIN:4844324233
JAN:9784844324232
価格:¥ 2,520
通常24時間以内に発送

Amazonで詳細を見る

Webマーケティング成功の法則75Webマーケティング成功の法則75

野口 竜司, 吉村 正春, 中東 優 翔泳社 (2007-07-19)
ランキング:3926位
ASIN:4798114006
JAN:9784798114002
価格:¥ 2,520
通常24時間以内に発送

Amazonで詳細を見る

Webディレクション 成功の法則48Webディレクション 成功の法則48

大谷 秀映, 松原 慶太, 高山 一登, 山本 聰, 玉田 雄以, 原田 秀司, 川辺 伸司, 大井 恵介 翔泳社 (2007-08-30)
ランキング:18183位
ASIN:4798114286
JAN:9784798114286
価格:¥ 2,520
通常24時間以内に発送

Amazonで詳細を見る

センスを光らせるWEBデザインワーク―これを読むとWEBデザインを際立たせる方法がわかります! (インプレスムック)センスを光らせるWEBデザインワーク―これを読むとWEBデザインを際立たせる方法がわかります! (インプレスムック)

エムディエヌコーポレーション (2007-07)
ランキング:35700位
ASIN:4844359304
JAN:9784844359302
価格:¥ 1,890
通常24時間以内に発送

Amazonで詳細を見る

Webデザイナー必携最新!!WebコレクションWebデザイナー必携最新!!Webコレクション

STUDIO CELLO (2007-01)
ランキング:269771位
ASIN:4903082342
JAN:9784903082349
価格:¥ 1,680
通常24時間以内に発送

Amazonで詳細を見る

Webデザイナー必携最新!!Webコレクション Vol.2 (2)Webデザイナー必携最新!!Webコレクション Vol.2 (2)

STUDIO CELLO (2007-06)
ランキング:184372位
ASIN:490308275X
JAN:9784903082752
価格:¥ 1,680
通常24時間以内に発送

Amazonで詳細を見る

Webデザイナー必携最新!!Webコレクション Vol.3 (3)Webデザイナー必携最新!!Webコレクション Vol.3 (3)

春日出版 (2008-03)
ランキング:487494位
ASIN:4863210434
JAN:9784863210431
価格:¥ 1,680
通常24時間以内に発送

Amazonで詳細を見る

WordPressの総合プラグインサイト

Extend  › Plugins
Extend › Plugins

WP Plugins DB
WP Plugins DB

WordPress Plugins/JSeries
WordPress Plugins/JSeries

WordPress Plugin DB Japan > Just another WordPress weblog
WordPress Plugin DB Japan > Just another WordPress weblog

WordPress基本用語

CMS
CMS(コンテンツマネージメントシステム、Content Management System)とは、テキストや画像などのデジタルコンテンツを統合的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称で、コンテンツ管理システムのことである。ウェブサイト、ポータルサイトの構築、管理に使用され、技術的な知識があまりなくてもウェブでの情報発信・管理が行える。
WordPress
WordPress(ワードプレス)とは、オープンソースのブログシステムの1つで、プログラム言語にPHP、データベースにMYSQLを使用している。
ウィジェット
ウィジェット(widget)はサイドバーなどの表示項目をテーマファイルを修正することなく変更できる機能で、WordPress2.2から標準搭載された。WordPress2.1ではプラグインを入れることでウィジェット機能を使うことができる。
テーマ
WordPressではテーマ(theme)という機能を使って、ウェブサイトの表示イメージをクリック一つで切り替えることができる。テーマはインターネット上でダウンロードして簡単に追加することができる。
投稿スラッグ
投稿スラッグはパーマリンクの一部で、各記事に付ける固有の名前を指定します。WordPressは自動的に投稿スラッグを割り当てますが、日本語のタイトルはエンコードされて表示されます。
パーマリンク
パーマリンクとは、ウェブページの中で個別のコンテンツに設定されるURLのことで、個々のエントリーに対して割り当てられる。エントリーは更新されてもURLには変更されない。
プラグイン(plugin)
プラグインとはWordPressの機能を拡張するソフトウェアのことで、WordPressに標準で備わっていない機能を簡単なインストールで導入することが可能。プラグインはWordPressユーザー有志によって作成されており、インターネット上からダウンロードすることができる。
ブログ
ブログ(Blog)とは、個人や数人のグループで運営され、日々更新される日記的なウェブサイトの総称。コメントやトラックバックの機能を持つ。もともとはWeblog(ウェブログ)。

WordPress 2.2.2 と 2.0.11 用日本語リソースをリリース

2007年8月5日に出たWordPress 2.2.2の日本語リソースが2007年8月7日に出た。WordPress 2.2.1からのアップグレードは基本的に上書きすればいいだけだ。WordPress Japanで配布されているWordPress MEはまだ2.2.1のままなので、いち早くWordPress 2.2.2を使いたい場合はja:resource « WordPress Codexからダウンロードするとよい。